2014年11月

321: 名無しの心子知らず 投稿日:2011/10/21(金) 14:43:45.35 ID:yNtw/+sP
プチで未遂ですが。某スーパーでパートしてます。
この間梨を一個買った子連れおばさん。レジ袋に入れて渡したら「割り箸をつけてくれ」と言われた。
上が事なかれ主義なので、買ったものに箸を使って食べるようなものが無くっても
1,2膳くらいならお渡ししろと言われてるので、一膳入れて渡そうとした。
ら、「12膳欲しいんだけど」とイライラした口調で言われた。
連れてる幼稚園児くらいのこどもは無表情。母親の服の裾を掴んで俯いたまま。
どうするかなー、あげちゃうかそれとも…と一瞬考えたら後ろに並んでたおじさん(常連の人)がいきなり、
「梨食うのに割り箸なんか使わんだろ!12膳も貰うってことは、12人で一個の梨をつまむってのか!面白い人だ!わはは」
と周りに聞こえる音量で言った。
それを聞いた母親、顔を真っ赤にして箸で梨食べるのは普通だとかぶつぶついいながら子ども引き摺って帰っていった。
おじさんは「面白い人だなー、結局貰わんで行っちゃったな!」と笑いながら焼き鳥のかわ数本とビールを買ってご機嫌に帰ってった。
おじさんありがとう

続きを読む

912: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/27(金) 22:23:25.13
では、埋め用に
プチプチ長文ですみませんが…

数年前、仕事帰り電車を待ってたら、近くに泥酔してるらしい女がいた
雰囲気やばすぎて超混みのホームでそこだけ空いてる状態
私はそいつが来る前から列に並んでたんだが、列離れて逃げるのも目立つかと
思ってたらバッチリ目があった

とたんにダッシュで近づく女
思わずのけぞる私
意味の分からない文句?を叫ぶ女
は?え?としか言えない私

そのまま電車に乗り込んでも乗換駅で降りてもそいつはブツブツ言いながら着いてきた
言ってることが支離滅裂、酒だけでなく薬やってそうな勢い。周りの人すごい離れてる
そして最寄り駅、「ここで降りたら家までこられるかも。やりすごそう」と知らん顔してたら

「…あんた、この駅で降りるんでしょ…家も知ってる…クフッフフフフフフフ」(右斜め後ろで)

913: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/27(金) 22:24:01.29
まさにホラーだった
なんで知ってる?近所の人?見張られてた?昔の知り合い?とグルグル
そのままダッシュで降りるとダッシュで追いかけてくる
ホームの端で突き落とされそうになりながら階段を三段とばしで上がって駅員さんにヘルプ
駅員室に入れてもらい、恥も外聞もなく金庫?の裏に隠れる
「女を出せ!」「はぁ?いませんよ?」「女がいるだろ!あいつは○○で▼▼で」(聞き取れない)
駅員さんが相手してくれている間、他の駅員さんが「警察呼びますか?」→K召喚

でも相手してくれてる駅員さんが警察呼んだからね!と言ってしまい、女は逃げていった
その後来た警官はめんどうくさそうに「じゃ、家まで送ります」と歩いて行き、
半分くらいまで来たところで「もういいでしょ」と帰ってしまった

あと半分、住宅街の暗闇を半泣きで走った
動転してなぜか前の会社の同期に電話したら、彼氏でもないのにすごく励ましてくれて
すぐ家に行く!待ってろ!っていってくれた
危うく惚れるところだった。(まあ奥さんいるのでいいよって言ったんですがw

何週間かは「家も知ってる」という言葉が怖くて、電車を変え帰りも駅からタクシーで帰った
それ以降は何もなかったから、多分知ってるって言うのはデマたと思うんだけど…

でも実際には何もせずにこんなに恐怖を与えることができるってすごい
そしてこんなに怖いのに自分で身を守るしかないんだと思った
修羅場度低くてスミマセン

続きを読む

737: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/06(水) 21:40:53.15
手癖の悪いコトメに仕返ししてきた

同居のコトメには人のものを盗む癖がある
質の悪いことにこちらの気付かないような小さいものを狙って盗る
使わないでしまいっぱなしのアクセだとか、
パンストの予備とか、使いかけの化粧品とかそういうの
高価なものは無いけど漁られること自体が気持ち悪くて仕様が無い
自分でも〆たし旦那にも訴えたんだけど、はっきりした証拠も無いし、
微妙なものばかり狙われるので今一つ信じてもらえない
そこで夫婦の寝室の、クローゼット私専用の場所にトラップを仕掛けておいた
旦那にも言って、他人が簡単に漁れる場所じゃ無い事を確認してもらった

コトメ見事に引っかかりましたw
外資系ブランドの高いアイクリームの容器に、
ヴェポラップ詰め込んでおいたんだよ
両目の周りにがっつり塗ったコトメ転げまわって大騒ぎしてくれた
ついでに目を擦った弾みで入っちゃって、もう素晴らしいくらい騒いでくれたw
お陰で別居決定になって笑いが止まらんですw

続きを読む

371: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 投稿日:2009/03/17(火) 15:05:10 ID:xzK73sPU0
ウトの還暦と退職祝いを兼ねて、ダンナが義実家と一緒に旅行を計画した。
私の両親のとき、私と兄弟とで旅行をプレゼントしたのを羨ましく思ったらしい。
まぁお祝いだからと賛成した。
ダンナには兄弟もいるのだが、仕事が入りキャンセルに。
行った先では、はしゃぐトメ。でもすぐ疲れた~を連発。
食事もおいしいといいながら食べて、温泉だったので露天風呂にも入り
ご満悦。
一泊だったけど、それなりに楽しめてよかったね~とダンナと話していたら、
トメ一言。
『まぁよかったけど、なんだかせわしなくて温泉にも入らなかったし料理もなぁ~。
結局ゆっくりできひんかったな、おとうさん』・・・だと。
私たち家族はポカーン。
ダンナが張り切って露天風呂付の部屋のある旅館探していろいろしたのに
そのあとかな~り落ち込んでた。
代金も結構な額だったから余計にさびしくなったよ。
汚屋敷が落ち着くなら、どっか旅行にでもいきたいわ~っていう口癖やめろ!

続きを読む

499: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/08/24(月) 12:18:43
嫁いびりやダブスタなんてものは全くなく、頼れば喜んで何でもしてくれる
良トメと思われるようなうちのトメなんだけど、娘(コトメ)も嫁(私)も
トメに頼ることも構われることも嫌なのでトメは不満。
そのうえ、コトメ一家もうちも近距離に住んでいるのにあまり来ないことも
不満でグチグチとコトメに言っていたらしい。
すると、コトメの隣にいたコトメコに
「こんな汚い家には誰も来たくない。私だって行きたくなかった。
いつも部屋の隅には埃のかたまりと犬の毛がある。
おばぁちゃんはどうして掃除をしないの?汚くて平気なの?」
と言われ落ち込み、久しぶりに旦那が行くと珍しくトメが掃除をしていたらしい。
コトメコは綺麗好きで、ずっとコトメに訴えてきた。
コトメやコトメ夫がトメに掃除するように伝えていたし、私たちが義実家に
行った時も家の中には絶対に入らない。汚い家には入れないと毎回旦那が
言っていたけど、掃除していると言い張っていた。
孫の言葉は違ったらしい。
前にトメがコトメコが神経質に育ってしまった。神経質は良くない。みたいな
ことを私に愚痴ってたことがあったけど、綺麗好きでキッチリした
コトメコちゃんで良かった。

続きを読む

153: 愛と死の名無しさん 投稿日:2008/09/13(土) 22:23:58
定番ですが・・・。

前に一緒の職場だった子(仮名:A)の結婚式に呼ばれた。
一緒の職場だったとき、そこそこは親しかったが、あくまで仕事上の付き合い。
プライベートではほとんど没交渉。
もう一人、同じ職場で呼ばれた子と一緒に参列した。

行ってびっくりした。
なんでも、新郎の側が事業をしているとかで、参列者の数が200人を超えてた。
(会場キャパだけは・・・・・)
なのに、新婦の側、親戚を入れても40人もいない。
新婦と同年代は私ともう一人の子(けして友人ではない)だけ。
しかも、席は欠席も目立つ。
同じテーブルに着いた新郎友人と言う人が酒が入って少し軽くなった口で語られたのはもっと仰天する事実。

新婦、土壇場で入れ替わっていた。
元々、新郎は付き合っていた彼女と結婚する気で、それなりの式場を抑え、新婦も時間をかけて準備していたのだが、
新郎、何か魔がさしたのか、A子に酔った弾みに手を出したそう。
で、A子、大騒ぎ。
結婚してくれないと死ぬと新郎職場で騒ぎ立て、結局、今日に至ったんだと言う。
満面笑顔の新婦、うつむいて喪主か、って言う表情の新郎。
新婦の親もそんなに嬉しそうでなく、新郎の母は最後には号泣。
あぁ、思い込んだら突っ走る性格の子だったわ、と思い出しても、もう遅い・・・。

結局、白々しい祝辞のみ、余興もなく、友人祝辞も
「友人代表として、○君(新郎)が平穏な人生を送ってくれますように。
あまり思いつめないでください」(原文ママ)
という、30秒ほどのもののみだった。
ちなみにそう言った小学校からの親友(司会者紹介)はそのまま式場を出て行った。

154: 愛と死の名無しさん 投稿日:2008/09/13(土) 22:25:21
何が不幸だったかって、新婦が私たち2人が自分の側の招待客だって認識していなかったこと。
なんで、こんな式に出たんだろ??と、一緒に言った子と語りながら帰ってしまった。
私がアホだった、としみじみ反省した。

この夫婦は、新婚旅行にも行かず、式のあと、新郎一族が新婦に土下座して縁を切ってもらったと聞いた。
そこまでして、結婚したかったんか、A子(当時30半ば、昭和の時代の話です)

続きを読む

このページのトップヘ