人気記事はこちら

542: 名無しさん@HOME 2013/08/23 13:31:57
義弟嫁に本を貸すことがよくあった(過去形)。
病院の待ち時間が長いらしくて、その間に読む本。
元々あまり本を読まない人で、だから滅多に買うこともなく
サクサク読みやすい本を選んで貸して欲しいって言われたのがキッカケ。
それでまぁ内田康夫の初期の頃のとか、東野圭吾の映画化したやつとか
読み終わったものを貸してあげたんだけど
義弟嫁の本の読み方がとにかく汚い。
お菓子を食べながら読んだりするみたいで、
クッキーの食べかすとかたくさん挟まってる。
しかもその部分が油染みになってるのよね。
本には買った時についてる栞を挟んだままで貸してるのに
ページを折るのも私としてはすごく嫌だった。
しかも端っこを折るんじゃなくて、ページの半分ぐらいを折ってるのね。
バッグの中に乱雑に入れてるのか、表紙が折れてることもしょっちゅうで、
なんていうか<借り物>という意識がないみたいなんだ。
それで一度、返してくれる時に注意した。
もう少し大切に扱ってほしいって。
そしたら「お義姉さんって神経質なんですねぇ。
読み終えた本なんてゴミと一緒なのに」って言われて
だったら自分で買って読んで頂戴って、それから貸すのやめた。
そしたら先日の法事の時に親戚たちの前で
「私子義姉さんって神経質過ぎて付き合いにくい」って言われた。
本のことはその時に夫に愚痴ってて、その後夫が義弟に話してたらしく
(義弟に話したことは私は知らなかった)
義弟が「義姉さんが神経質なんじゃなくて、おまえが無神経なんだよ」
って言ってくれたので良かったけど。
義弟がちょっとおどけた感じで言ってくれたから
場の空気が和んで、親戚たちも笑ってくれたけど
法事が終わるまで私、義弟嫁にずっと無茶苦茶睨まれてたw

続きを読む

451: 名無しさん@HOME 2013/08/23 06:56:04
朝から叫ばさせて貰います。
「察してちゃん義弟嫁なんか大嫌いだ!」
今年義弟の長女が七五三の七歳。三歳の時はスタジオ○リスで済ませたらしい。
我が家が私の実家で七歳で仕立てて貰ってお参りした写真を義実家でみたらしく
今までほとんど付き合いは表面的だったのに、用もないのに電話して来たり
メールをしてくる。話題はいろいろだけど絶対最後は「私家長女ちゃんはいいなぁ。
それに比べて義弟長女は着物を仕立ててくれる人がいなくて可哀想なの。」という
話に持って行く。お盆に義実家で会った時も近くで自分の五歳の長男に
私の長女の七五三の写真を見せながら「私長女ちゃん綺麗だよねぇ。いいよねぇ。
うちのおねえちゃんにも着せてあげたいよねぇ。」と聞こえよがしに言いながら
ちらっちらとこっちを窺う感じ。
もうめんどくさいので義母もいる前で「褒めてくれてありがとう。実家の母も喜びます。
妹の子供の七五三まで使わないので、大事に保存しておかないといけないの。
お義母さん虫干しのしかたって~~」と義母に話をふりましたよ。
義母は「そうよね。いい着物だから大事にしないとね。虫干しの注意点は~~~~」と
話が盛り上がって義弟嫁蚊帳の外。
それでも食い下がる義弟嫁「お義姉さんいいですね。我が家は仕立ててくれる人がいないので
三歳は貸衣装だったんですよ。」
私「その方が楽よ~保存は場所も取るし手間かかるし。実家のたっての希望で仕立てて貰った
けど大変なの。でも高かったらしいから大事にしないと親に悪いから。」と大事を強調した。
義弟嫁「高いものならもっと使わないと返ってもったいないのではないですか?
例えば親戚で回すとかぁ」上目使いで私をみます。
そこに義母「でも趣味もあるから難しいよ。義弟長女ちゃんが好きな柄借りてあげなさいね。」
とそこに子供達が来て話が移って終了!
それでもまだ「うちの親は仕立ててくれる気持ちないみたいなの。私長女ちゃんはかわいがられて
羨ましいわ。」としつこくメールが来るよ。はっきり貸してくださいって言いたくないみたいね。
言っても断るけどね。

続きを読む

318: 名無しさん@HOME 2013/08/22 08:59:12
朝っぱらから長い愚痴(と言うより怒り)ですみません。
先日何年ぶりかで義実家に帰省したときに、姑から「義弟夫婦に援助してやってくれないか」と言われ
夫が「冗談はよせ」みたいな感じで話をさえぎって終わり。
なのに今朝姑から電話があって「あんたから話してくれないか。月1万でも2万でもいいから援助してやってくれ」
と言ってきた。
「それは義弟さんが援助してほしいと言ってらっしゃるんですか?お義母さんの希望ですか?」って聞いたら
どうやら義弟嫁がそうさせろって言ってるらしいんだな、これが。
「義母と同居して色々面倒みてるのは私なんだし、義兄さん夫婦は転勤を免罪符にして滅多に帰省もせず
 全部こっちに押し付けて長男なのに無責任すぎる。
 私が言えば角が立つからお義母さんから言って下さい」
と、色々言葉を濁してはいたけど要約するとそういう事を言ってるらしい。
「そういう話は直接夫に話して下さい。私がそちらのことに口を挟むと叱られるんで」と断った。
そしたら受話器を奪い取るような音がしたあと、義弟嫁が電話口に出て
「あなたでしょう?あなたが何もかも私に押し付けてるんでしょう!?」と怒鳴られたので
「以前のことを思い出してよーく考えてから電話下さい」と言って切った。

続きを読む

221: 名無しさん@HOME 2013/08/19 14:06:23
私達の結婚が決まった時義弟とそのパートナー(女性)は、結婚式に興味ないし
籍は入れない方針ですと会った時に言われた。
事実婚かと思ったらパートナーの実家の方が通勤に楽とかで平日は実家住まいで
都合のいい休日だけ義弟のマンションで過ごしているとか。だったら恋人だろうと
私達の結婚式の招待状の宛先を義弟一人にしたら「私も身内だと思ってます。」と
わざわざ義実家に来て私達がひどいと泣いて訴えたそうだ。

義両親も困っちゃって義弟よんでどういう関係かと聞いたら
「プロポーズを五年前にしたけど、結婚しても女だけ損をするから結婚しない主義だ。」
と言われた。だから義弟もそりゃしょうがないと泣く泣くあきらめようとしたら
「事実婚って手もあるし、別れる踏ん切り着くまで付き合いましょう。」と
言われてずるずる付き合ってると言ったそうだ。義両親は子供が出来たらどうするんだ
二人だけの問題でない、このまま付き合うのなら結婚して籍をいれろ、じゃなかったら
別れろと叱ったそうだ。

いつの間にか30過ぎていたのに気が付いたパートナーが別れたくないと言い出して
私達の結婚式の半年後に結婚式をしたんだが「準備が不十分でもっといい式にしたかった
あんなときに私達が結婚さえしなければもっと準備の時間があったと恨んでいる。」と
抗議された。これだけ言っていることが合致しないひとも珍しいと思い
「結婚したら女は損で、結婚式に興味なかったんじゃなかったんですか?」
と言ったら「そういうこと言いたい時期誰でもあるでしょ?結婚式は女の夢ですよね。」だと
呆れて義弟にあんた達夫婦の尻を持ち込むなと旦那から抗議して貰った。
なんか盛大に喧嘩して義弟が義実家に戻っているらしいけど、責任はとれん!

続きを読む

567: 名無しさん@HOME 2013/08/23 15:26:15
義弟嫁から「実家からたくさん桃が送られてきたけど、量が多過ぎて車の無い自分じゃ運べない、
義実家にもついでに届けてくれないか」と電話があった
桃大好きヒャッホー!と思って二つ返事で了承して義弟家に向かい、
「手が離せないからそのまま入ってきて」と言われたのでお邪魔しまーすとスキップ交じりに上がってリビングへ
そこで返事がないことに気付いて「?」と思ったのとほぼ同時、
浮かれて片足も浮かせてたんだけど、その軸足を思いっきり前に引っ張られた

引っ張ったのはテーブルの下に隠れていた義弟子(5歳男・関脇)、
私は盛大にお尻と肘を打って思わず仰向けになって悶絶
この時点で義弟子の仕業とは気付いてなくて、何が起こったのか分からずただ痛くて痛くて涙浮かべてたら、
「ドーン!!」という楽しげな声と共に胃の辺りに衝撃!!
義弟子のヒップアタックで体の中から何とも言えない嫌な音と感触、尻の痛みも吹き飛ぶような激痛
肘を打ち付けてたから腕が痺れて退かせることも出来ず、
義弟嫁早く気付いてー!と祈ってたら視界に義弟嫁がひょっこり登場
助けて、と言おうとしたけど声にならず、それでも義弟嫁は義弟子の肩に手をやって押してるのが見えたから叱ってくれてるのかと思った
がしかし、義弟子の「あひゃひゃひゃひゃひゃうふふふふふふ」みたいな笑い声に混じって
「義弟子ちゃん、もうちょっと下よ!おへその下よ~」という声
義弟子は「ドーン!!」の声を再び上げて、尻を私の下っ腹に向けてアタック!
当然「うぶっ!!」と声?を上げて悶絶するしかない私、義弟子は私のスカートをめくって「ママー!出ないよー!」
正直小便くらいは出そうだったけど必死で我慢した
「お義姉さん、もういいんで早めに帰って下さいねー邪魔なんでー」と言われて放置された
義弟子がこちらをうかがっている気配を感じて「殺される」と思った私は必死に這うようにして家の外へと逃げ出し、
靴もそのまま車に逃げ込んでロックをしてから救急車を呼んだ
そこで意識が途切れてしまったため、車の窓を割られてしまったよ

続きを読む

824: 名無しの心子知らず 2013/08/29 12:05:58 ID:Zez9Wwp+
プチなセコ、というか精神的な病かも?と思うんだけど
ママ友同士でランチに行く事がたまにあって、誰からともなく「○○って店、行ってみようか」「行こう行こう」と、毎回問題なく楽しめてたんだけど、
ママ友の一人が突然少しおかしくなった。
「新しくインドカレーのお店が出来たから、今度行ってみない?」と声をかけたら、後日小1の娘さんを通じて「誘った者が奢るんでしょ?」と言ってきた。
「そんな事はないんだよ。皆で行くんだから、それぞれがお支払いするんだよ」と優しく伝えると、小1娘は複雑な表情で「ふうん。そうなんだ」とだけ呟いた。
後日、ランチに行く日が決まって、一応声をかけたら、500円を持った小1娘だけが待ち合わせ場所に現れた。
500円は、そのカレー屋で一番安いカレーの値段だった。
即、そのママに電話をしたが出ない。家にまで行ってみたが返事も無い。
仕方なく、その日は小1娘も連れて行ったが、それきり誘う事もしなくなった。

826: 名無しの心子知らず 2013/08/29 12:08:56 ID:Zez9Wwp+
そして数ヶ月後、たまたま息子と一緒に行ったスーパーで、誰でも無料で参加出来るビンゴ大会の催しが有った。
「やってみよっか」と気軽に参加したら、何と息子が1等を当てた。と言っても、たった500円の商品券。500円でも息子には大金で大喜び。
そこで「たまたま当たった泡銭。とっとと使っちゃいな」と言い、息子は前から欲しかったオモチャを買うことにした。
そこに、いつの間にかあのセコ奥が立っていた。顔を見るのも久し振りだったし、もうビックリ。
セコ奥はニッコニコして凄い笑顔で「当たったんだねー、すご~い。すぐに使っちゃわなきゃね」と意味深な事を言う。
何が言いたいのか分かったので直ぐに「うん。泡銭だから直ぐに使っちゃおうと思って、オモチャを買うんだよねー」。
息子は、もうオモチャを買っていた。
セコ奥は、顔が急に曇り、黙って立ち去って行った。
ここでよくある「フジコー」は無かった。
セコ奥の事情は全く知らないが、元々は富裕層の方だけに、何かあったのだろうかと不気味に思う。

書いてみたら、クライマックスも無い、ただの日記みたいになってしまった。

続きを読む

このページのトップヘ