人気記事はこちら

744: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/22(金) 16:45:24.63
のほほんと活きている私には十分な修羅場。
友人が結婚して私も披露宴に呼ばれた。
新郎・新婦とも同じ会社だったが、新郎側の同僚として、失言の多いダメ男の
A太郎も呼ばれていた。
A太郎は新婦に気があり、未練タラタラの様子で、酔うにつれ新婦の悪口を
大声で叫び始めた(尻軽、浮気者、自分も誘われた、などのいいがかり)
周りの男性同僚は、あ~あ、いつもの酒癖の悪さが出たって感じで知らん振り。
女性の同僚と、やばいよね?問題が起きる前に私達であいつを追い出そうか、と
相談してたら、振り袖姿の新婦のお姉様がお酌をしにA太郎に近づいて行った。
...と思ったらビール瓶をテーブルにドン!と置いて、A太郎のコメカミに
げんこつをゴリゴリと押し当て、
「ねぇ、せっかくの披露宴だから、もっと好意的にできませんかねぇ~」
「解った?お行儀よくできる?できないなら出てってもらうけど」
その間、痛みで悶絶するA太郎。
会場の目はこの二人に注目。
新婦のお姉さんは地元のミス◯◯に選ばれた事もある、しとやかな美人。
その美しい和装の女性が、A太郎が持ち上がりそうな勢いで、げんこつグリグリ。
結局A太郎は「ごべんなひゃい」と大人しくなり、披露宴が終わる前に自分から
新郎新婦に「申し訳ありませんでしたっ」と謝罪して出て行った。
奴のせいで新婦が何か疑われていないか心配だったが、後で聞いた話によると、
新郎両親は、両家の挨拶で新婦のお姉様をみて惚れ込み、あんな奇麗な子が娘に
なってくれたら良かったのに、と「悪気は無いが」時々嫌みを言ってたらしい。
でも披露宴の凶暴な姿をみて、その発言が消えたと喜んでいた。

続きを読む

837: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/28(土) 08:39:42.01
プチですけど

近距離別居でしょっちゅう凸や電話で
「孫梅」「息子(旦那)にちゃんにこんなもの食べさせるなんて!(と、鍋のシチューを捨てる)」「息子ちゃんが好きなのは嫁子より私(トメ)」などなど色々テンプレをするトメ。
私が抗議しても「嫁子のため」「○○家の嫁として躾」
やられる度に旦那に鳩り、その度に旦那はトメに怒るもデモデモダッテで埒があかない。
ある日トメに「息子ちゃんに告げ口するなんてムキー」と言われたので、
嫁「告げ口って何ですかぁ?何かトメさん悪いことしたんですかぁ?」
トメ「私が悪い訳ないじゃないフガー」
嫁「毎日『今日何があった?』と旦那が聞くから『お義母様に○○家の味を教えて頂き、シチューを廃棄されました』とか夫婦の会話してるだけですよぉ」
トメ「報告に悪意があるのよフジコフジコ」
嫁「ご自分に悪意があるからそう思われるんじゃないですか?夫婦の会話がないと離婚とか、熟年離婚も多いですよねぇ。真面目な人ほど安らぎのない家庭に愛想尽かして愛人作るとか…」
トメ「なっ」
嫁「退職金とともに夫が消えるのこともある…そういえば、ウトさんも夜出ていって朝まで帰ってこない日があるんですって?…ああ、夜釣りですか。でもねぇ…」と捲し立てていたら
トメ、泣きながら電話切った。

今のトメは息子ちゃんのことを忘れたように、ウトべったりのようです。
浮気も何もしてない寡黙な釣り好きウトにあらぬ疑いかけたのがDQN。

続きを読む

471: 1/3 投稿日:2009/12/14(月) 09:56:54
長文すまない。しかもたいした話じゃないかも。
けど個人的にもう踊りだしたいくらいなんだ。だから書くよ。

旦那は(嫁である私が言うのもなんだが)超がつくくらいいい人。
例えば私が旦那の言い方が気にいらなくて怒って
「もし立場が逆だったらどう思う?今の言い方、私に言われたらイヤでしょう?」と言っても
「いや……ごめん、俺は別にイヤじゃない…けど(私)がイヤだったならごめん」
って言っちゃうような人。(そして多分マジで怒らない)
すぐカリカリしてしまうような私と違って、そういうおおらかなところが好きで結婚したのに
それがたまにすごく不安になることがあった。
前からトメに嫌、旦那のいないところで嫌味を言われていたから。

私の実家はすごく貧乏で、私は大学には行かずに高卒で働きに出た。
(奨学金で行ける話もあったけど、それでは結局親の負担がなくなるだけ。
それではダメだった。私の稼ぎが必要だった)
それ自体はもう気にしてないし、親を助けることが出来てよかったと思ってるんだけど
それでも当時キャンパスライフっつーやつをやってみたかったなーと憧れ程度に思うことはある。

472: 2/3 投稿日:2009/12/14(月) 09:58:17
それを、おそらく旦那は自慢話のつもりで「(私)すごいよね、俺には出来ない」ってトメに話してしまってた。
すると、その話を聞いた途端「嫁子さん高卒なんですって?偉いわね~ご自分の人生犠牲にしてまで…w」
って、犠牲にしたとは思ってないし後悔もしてるわけじゃないのに、まるで後悔してるみたいに言う。
またあるときは、私は背が小さい(148)。戸棚の上のものを取るのにも、悲しいかな台がないと一番上は届かない。
背伸びしてる姿を見ては「あらあら、嫁子さんったらかわいらしいのねぇw」って言う。
「かわいくてちっちゃくてうらやましいわぁ~」って言う。何度も。すごいバカにされてる気分。
他にも説明しなきゃいけない背景があることが多いからはぶくけれど、なんかこう
自分の内面をくすくす笑われるような気分になることが何度もあった。
毎回「褒めて頂けるのは嬉しいんですがなんだかバカにされてる気分なのでやめてください」と言うんだけど
「あらぁだって褒めてるのにぃ、うらやましいって言ってるのよ~?」で終わる。

もう私が変に取りすぎでもいいからもう会いたくない、旦那に言ってみようか?と思ったけど、上記の通り
きっと旦那だったら怒らないのかも、と思った。こうして文章にすれば、
文字だけ見ればただ褒めてるように見える言葉ならなおさら、旦那には分かってもらえないかも?と。
このスレの伝家の宝刀「あなたがされたらどう思う?」も使えない。
録音しても、旦那がイヤだと思ってくれなければ意味がない……。
旦那にもし言ってみて、分かってもらえなかったら、と思うとイヤで、ずるずると話すことをためらってた。

473: 3/4 投稿日:2009/12/14(月) 09:59:46
どうしたらいいんだろう、私が旦那みたいにイヤな気分にならない人だったらよかった、と思ってた矢先の昨日。
うちにトメが来た。旦那が風呂に行くと、またはじまった。
私の作ったご飯がおいしいって言う。旦那も料理は出来る。トメが「男の子でもやらせなきゃダメだもの」って
昔からやらせていたんだと前に聞いた。
「これだけおいしいごはんが作れるなら旦那なんていらないわね~」って言う。何度も言う。
「何言ってるんですか、旦那さんのほうがお料理うまいですし」と旦那を褒めてみる作戦をしても
「でもこれだけ作れるならいらないわよねぇ」って言う。
いるよ。いるから結婚したのに。「いりますからやめてください」と言ってもやめない。褒めてるのよって言う。
もういい加減にしてくれ、と思ったら、旦那がパンツ取りに居間に帰ってきてた。
トメ「あら旦那どうしたの?今ね、嫁子さんの料理が上手いって話を…」って言い出したら、旦那が
聞いたこともないような低い声で静かに言った。
「うん、聞いてた。全部聞こえた。母さんさ、(私)に文句があるの?」
トメ慌てて「え?ち、ちがうわよぉ、何言ってるの?聞いてたなら知ってるでしょ、褒めてたのよ!」
私その間驚いて口を挟めず(けどトメが慌てたので「ああ、やっぱり分かっててやってたのか…」とは思った)
旦那「聞いてたよ、全然褒めてないじゃん、俺は(私)がご飯作れても作れなくても
いるいらないの判断材料にはならない。(私)だってそうだって信じてるよ。
けどさっきの言葉はそういう女だって(私)を侮辱してるじゃん」


入りきらなかった。次で最後。

474: 4/4 投稿日:2009/12/14(月) 10:01:01
トメ「そんなつもりないわよ!」
旦那「つもりなくてもそう聞こえた。それにつもりがなかったなら、やめろと言われてやめないのなんで?」
トメ「だって褒め言葉でしょう!」
旦那「褒め言葉だったら何言ってもいいの?やめろって言われたことくらいやめなよ。それくらい出来るでしょ」

トメはちょっと黙ってから、わかった、って言って今日はもう帰るわって帰っていった。
(でもご飯は全部食べた)旦那は風呂に入った。
私は怒涛の展開についてゆけず、旦那が風呂からあがってようやく
「嬉しかったけど、怒ってくれるとは思わなかった」と話した。
そしたら心底不思議そうに「なんで?(私)のことなら怒るよ」って。


もーーーーすっげーーー嬉しかったんだ!!!
すっげー嬉しかったから長文になった。これでも推敲したつもりだけどごめん。
もう何言われても平気よ!!平気なの!!読んでいただきありがとうございました。

続きを読む

129: 愛と死の名無しさん 投稿日:2009/01/15(木) 14:23:32
兄の結婚式のプチ不幸。

兄の結婚相手に会ったときは、ちょっと物言いがキツいかんじだけど
ボーっとしている兄にはああいうしっかりした人がいいのかも、くらいに思っていた。
結婚式当日。
プロの写真やビデオも頼んでいたけれど、私は母に頼まれたスナップ写真撮影に徹していた。
それで、高砂のすぐ脇にある新婦友人+同僚の席の側を何回も通った。
…新婦、嫌われてるっぽかった。
皆、社会人としてのマナーはちゃんと守って、挨拶はきちんとにこやかにしてるけど
なんかこそっとしゃべっている内容が祝福してなくてコエー。
(しかし、新婦の方に問題ありそう。自分の聞き違いでなければ、
会社辞める時「皆仕事のきつさや人間関係でやめていくけど、私は幸せな寿退社♪」って言ったらしい)
そして、サプライズで新婦が二回も歌ったとき、私もちょっとえっと思ったけど
友人席のしらーーーーっ+失笑の雰囲気コエエエエエ。
キャンドルサービスで新郎新婦がまわってきた時の雰囲気も微妙。
歓談時、誰もすすんで新郎新婦と写真とろうとしないで黙々料理食ってる。

兄とは特に仲いいってわけでもないが少し哀れ。
まあ私は実家出てるし、兄夫婦は遠方に住む予定だし
会う機会もほとんどないだろうからもうシラネ。
兄妹のよしみで、デジカメにはからずも写ってしまった
新婦熱唱→新婦友人たちの冷笑+だれも見てないで食事スナップと
キャンドルサービスの新婦友人席の写真は削除しといてあげた。

続きを読む

770: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/03/28(水) 07:05:02.79 ID:wUXM2PJJ
吐き出し失礼、同居してる祖母の神経がわからん。

家族でテレビを見てた時の話。
ありがちなびっくり映像集合って番組で、ビビりな猫の映像が流れた。
内容は「ビビりな猫に猫型風船を近付けたら、両手で猫パンチ食らわせて破いちゃった」みたいな微笑ましいもの。
可愛いーなんて言いながら見てたら、祖母が
「ポチみたいね」
と笑いながら言った。
ポチっていうのは母が小さい時飼っていた犬の名前。
私は話にしか聞いた事がないから、あんな風ってビビりだったのかな?と思って聞き流した。
が、相槌を打つ母の声がなんだか暗い。
どうしたのかと振り向いた時、祖母が続けた。
「ポチもあんな風に一発だったもんねw」
そこまで聞いてやっと意味が分かった。
ポチってすごく小さい犬だったんだけどさ、公園で遊ばせてた時によその大型犬に噛まれて亡くなったんだよね。
祖母がポチみたいって言ったのはビビりな猫じゃなくて、破かれた風船の方だったんだ。
分かった瞬間頭の中が真っ白になって、ダメだこいつ頭おかしいって思って、同じ空間にいる事が耐えられなくなった。
数十年前の事とはいえ、そんな悲惨な死に方した犬の話を笑いながら出来るか?
母が当時どんだけショックで泣いたのか、親として間近で見てたくせに?
今までも色々神経疑う事はあったけど、ここまでとは思わなかった。

続きを読む

82: 名無しの心子知らず 投稿日:2006/12/20(水) 14:46:21 ID:tZJdY41z
もやもやするので吐き出させて下さい…。

先々週の土日、子供用に手編みでマフラーを編んだ。
先週月曜日から巻いて登園させて、火曜日に保育園からなくなりました。
木曜日、同じ保育園に通っている子のB君という子のお母さん(以下Bママ)から、
「昨日見たんだけどA君が巻いているマフラーがうちの子がしていたのと
色も形もそっくり同じだったけどプレゼントしたの?」と、訊かれました。

Bママに火曜日に保育園からなくなったと事情を説明して
担任の先生に相談の上、翌日、私とその目撃したお母さん同席の上で、
先生から問題の子の母(以下Aママ)に質問してもらいました。

Aママ、最初は自分で編んだとの一点張りだったけど、
毛糸はどこで買ったのか、そのマフラーを編むのに毛糸何玉使用したか?
またそのレシートはあるか?と次々に質問。
いい加減な答えばっかりでだんだんしどろもどろになっていくので
私が買ったお店(手芸店)のレシートに袋、余り糸など、
ありとあらゆる証拠を出しました。
「これでもまだ自分で編んだと言い張るなら、
買った手芸店に問い合わせしてもらっても構いません」と。

実際先生に問い合わせしてもらいました。
そこのお店には私の別のママ友がパートで勤めていて、
買った時応対してくれたのがそのママ友だったので。
彼女には私が子供にマフラー編むって言うのも話していたし。
しかもその毛糸、普通のベーシックな毛糸じゃなくて、
編みあがるとファーのように見えるちょっと変わった特徴のファンシーヤーンだったので。
(だから目撃したBママもはっきり覚えていたくらいで…。)

すみません、続きます。

83: 名無しの心子知らず 投稿日:2006/12/20(水) 14:47:03 ID:tZJdY41z
続き

そこまでしてAママ、ようやく盗った事を白状しました。

週末、Aママが保育園から事情を説明されたご主人に付き添われて謝罪しに来ました。
以下Aママの話。
・子供が○○君(うちの子)のしているようなマフラーが欲しいと言った。
・自分は編み物が出来ないのでつい盗ってしまった。
・子供や主人には○○さん(私)から貰ったと説明していた。

…だ、そうです。
ご主人はひたすら平謝りでした。
Aママの言う事を鵜呑みにしていた様子で…。
ただ、子供がとても気に入っているので毛糸の代金はお支払いするから
譲って貰えないかと言われましたが私は断固拒否しました。

「これはうちの子供もとても気に入っているものです。
私が編んでいる隣で、ずっと編み上がるのを待っていました。
それが無くなったと分かった日、マフラーなくなっちゃった!ってずっと夜寝るまで泣いていたんです。
そのうちの子の気持ちを傷つけて踏みにじっておいて、それでも譲ってくれと言えますか?
私は『あのマフラーは人にあげたから我慢しろ』とうちの子供に言わなければならないんですか?」と言いました。

ご主人は「申し訳ありません、ごもっともです」と引き下がってくださいましたが。

もう一回続きます。

84: 名無しの心子知らず 投稿日:2006/12/20(水) 14:47:52 ID:tZJdY41z
ごめんなさい、これで最後です。

とにかくマフラーは取り返したし、今後絶対このようなことの無いように、
もう関わりたくなかったので、今後の接触は控えて下さいと、言う事で決着しました。

…と、思っていたら、今朝登園した時に先生からA君が退園したと聞きました。
Aママのご主人から連絡があって、A君の服を調べたら、他の子の名前のついた洋服が十点近く出て来たと…。
保育園で紛失、行方が分からなくなっていた洋服だったと…。
中にはうちの子の服も二点ばかり…そっちは気付かなかった…orz
洗い替え用に西松屋で大量に購入していた置き服だったし…。
でも中にはミ○ハウスのトレーナーとか盗られていた家もあったらしく。

そんなこんなで、結局は退園処分と言う事で後味の悪い決着になってしまいました。

取り返したマフラーを大喜びで巻いている子供を見ると心中複雑です。
私がマフラーを編まなければ、保育園に巻いて行かせなければ良かったのかと…。

目の滑る長文でごめんなさい。

続きを読む

このページのトップヘ