人気記事はこちら


522:名無しさん@おーぷん2017/08/03(木)19:54:12ID:j66
一戸建てを購入したんだけど、その向かいのアパートがオーナーが亡くなったとかで大学の指定アパートになったのがはじまり
大学生が来ると知って、最初は騒音とかマナーのトラブルを心配したけど、最初の数年はそんなに問題もなかった

ただ、2年前からそのアパートの前に軽トラを乗用車にしている大学生が引っ越してきた
その大学生の軽トラは別に改造とかは指定内容だけど、とにかくいろいろな動作がうるさい
例えば、ドアを占めるときはビッッシャーン!って思いっきり閉めるし、一度で閉まらないのか何度もビッッシャーン!ビッッシャーン!って爆音を出してくる
そして、朝方とか深夜、冬はエンジンがかかりにくいらしく、セルの音が何度も何度も聞こえてくる
やっとエンジンがかかったと思ったら今度はキュアー!!って何かがこすれる音が響く
これが耳に刺さってすごくうるさい
そして、他の学生が影響されたのか、似たようなオンボロの軽トラが段々と増えていった
それも全部うるさい
もう、朝、夕方、そして深夜2時とか3時とかに出かける学生とかもいるから一日中うるさい

大学に苦情をいっても、車検も通ってるし、学生本人に確認したらお金がないから軽トラに乗っているということで同しようもないと来た
どうにもこうにも出来ず、苦情の手紙とか、本人に直接注意してもお金が溜まったら修理しますね~といって具体的にいつどうするのか答えない

さらに、そのうちの一台が、学祭後くらいにサイケデリックな色に塗られて要るのを発見
目に入っただけでゲンナリするような、緑とか赤とか黄色のペンキを適当に塗りたくっただけのクソみたいな車になってた
他には、故障したと思われる軽トラを後ろから別の軽トラでガンガン突きながらアパートの前まで帰ってきてたこともある
大学生の非常識っぷりにもうきがくるいそう

続きを読む


458: 名無しさん@HOME 2017/08/04(金) 15:42:37.22 0
相談にのってください。

私(35歳)、夫(35歳)共働き子供なし夫婦です。
結婚3年目。

結婚当初から食事のことでいざこざが耐えませんでした。
夫は糖尿病で太っているので少しでも痩せるようにと
ヘルシーな食事を作ってきました。
しかし、私の食事を食べる前にお菓子を食べたり
コンビニ、スーパーの惣菜を食べて私の食事は残していました。。
「それはやめてほしい」と何度も言いましたが、言ったばかりはやめますが、
すぐにもとどおり。

先日も、お菓子を食べようとしていたので、
「お菓子食べていいけど私が作った食事を食べてからにして」と注意しました。
その後の夫の態度でケンカになりました。
私の料理に「まずそー」といい、嫌々たべはじめて「不味い」といわれました。

私自身、料理上手とは思っていませんが、人並みだと思っています。
味見もしますし、レシピどおり作ります。
仕事でも時々、料理を作るときがありますが、特に苦情はきません。

夫には好き嫌いの有無を聞き、苦手なものあるかなど聞くと
「オレはなんでもいい」と言いますが、
実際に料理を出すと「不味い」「料理が下手」と言われます。

夫は味付けが濃いものが好きでコンビニご飯、スーパーの惣菜、
外食が好き毎日同じ料理でいいという人で、
自分がその時に食べたいものを食べたい人です。

しかし、私も正社員で働いているので、
夫が食べたいものをその都度きいて作るというのは無理ですし、
聞けるときは「何が食べたい?」と聞くと「なんでもいい」と言われます。

ケンカをすると必ず「料理が下手、不味い」といわれるので、
単純に夫とは味覚があわないのだと思います。

長くなりましたが、本題です。
先日夫から「食事はそれぞれ別々に用意しよう」と言われました。
私としては家族として寂しいですし、
夫の体のことも心配なので反対です。

でも、せっかく作った料理を「不味い」といわれ、嫌そうに食べられて、
残されると傷つきます。
作ったほうがいいという思い半分、別々でいいかという思い半分状態です。
みなさんならどうさますか?

続きを読む


574: 名無しさん@HOME 2017/08/08(火) 16:02:37.58 0
長いです、スミマセン

夫(31)私(30)子(1)
夫が女性/の相談に親身になって相談に乗っていて辛いです。
夫の会社の同期の女性/が心の病で、夫が励ましています。
夫は同じような病気になった事もあり、親身になるんだと思います。
夫の方から噂を聞き
「最近会社で見ないけど大丈夫?相談に乗るよ、頼って頼って!」
と言って、女性/がようやく話し始めていました

相手が男性/ならどんどん相談に乗ってあげてほしいのですが、
女性/なので相談に乗り早く良くなってほしいと思う反面、
親身になりすぎと思ってしまいます

二人で会ったりしている訳ではないのですが、LINEを見てみると
「〇〇ちゃんの力になりたい。〇〇ちゃんにだけ話す。
僕も昔病気だった。こんな話は嫁にもした事はない」
と言っていて「嫁にも話した事はない」が、とても不快でした

結婚前に夫が病気だった事は私に話してくれていますが、
私に病気の話はしたけど病気の時にはこうするといい、といった
アドバイス的な知識は言ったことがないからそう言ったようです
嫁にも話した事ない、とか
勘違いさせて気を持たせるような事は言わないで、と夫に言いました

浮気をしている訳でもないし私が気にしなければいいだけなのに、
なぜ辛いのかが自分でもわかりません
夫は浮気をするような人ではなく、家にもまっすぐ帰ってくるし、
休みの日は家族で出かけているので浮気をする時間もないです

元からその女性と仲がいいのには引っかかっていて、結婚前に、
夫が相談があるからと言ってその女性/と二人で飲みに行こうとしたり、
「明日会社あったっけ?」という男の後輩に聞けばいいような事も
この女性/に聞いたり、すごく嫌でした

続きを読む


562: 名無しさん@HOME 2017/08/09(水) 21:42:04.09 0
相談させてください
夫が急に働きながら2年間専門学校に行くと言い出しました

0歳と1歳半と3歳半の子供がいて私は育休中
入学したら平日の夜と土曜は終日学校で勉強、
もちろん家でも勉強、合宿?なんかがあれば参加すると
そんなこと丸2年もされたら、私は幼子3人抱えて
仕事しながら全て家事やって、身体がもちそうにありません
そもそもちゃんと2年で卒業できるかもわからないし

でも本人は素晴らしい目標を見つけた!勉強したい、ワクワク!
みたいな感じで、そのことばっかり考えてる

お金だって貯蓄から出せないわけではないけど、数百万とかかるし、
子供は父親に滅多に会えなくなるし
子供の習い事の費用も抑えなくちゃならないかもしれない
正直やめてほしいと思ってます

でもそれを言っても、理解のない心の狭い妻を持った俺は不幸、
みたいに言ってくる
どうすればいいんでしょう

続きを読む



695: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/10(木) 22:07:49.85 ID:BieYxwCJ
ちょっとした愚痴。
今まで付き合ってきたりデートに誘ってきた男性/は
お店を決めるのが苦手というか、受け身の男性/が多かった。

日本有数の繁華街にいるのに
「このへんご飯食べるお店何もないね」と言われたり、
この街には詳しいから案内するよ!と言われたのに
「デートコース考えといて」
言われて、調べて提案したら「ベタすぎて吐き気がする」と言われたり、
向こうから映画に行こう!と誘われたのに
「何観たい?◯◯の観たい映画でいいよ!俺?観たいのない!
でも映画が観たい!」と言われたりなどなど。

私自身お店探ししたりデートコースを決めるのは嫌ではないけど
得意ではないし、うんざりしている部分もあった。
そして最近、知り合ったばかりの男性/に飲みに誘われ、
時間と場所を決めて約束していた。

飲みに行く当日になって「何が食べたい?」と聞かれ、
あれ、お店決めてくれてなかったの?と少しテンションが下がった。
「好き嫌いもないしゆっくり食事できるならどこでも大丈夫ですよ」と告げると、
「じゃあ会ってから決めようか!」と言われ、
落胆と同時に体調が悪くなり、ドタキャンしてしまった。

別に高い店が良いとかそういう事ではなくて、向こうから誘ってきたのに
どうして初めくらいスマートにお店を決めてくれないんだろう…と。

自分が男なら、何が食べたい?ここはどう?って提案したり
お店決めて予約したりするのに。
そしてこれをネットで愚痴ったら、人に任せっきり、つまらない女、
話し合いができないのは最低と叩かれた。

友人関係だったり付き合いが長ければ
こちらから提案したり誘う事も多いけど、
向こうからの誘いでそこまで親しくないのに何食べたい、ここがいい

なんて言えないよ。 

向こうから誘ってきたならリードして欲しいと思うのは
時代遅れなクソ女の考えなんだろうか。

続きを読む


709:名無しの心子知らず2017/08/11(金) 22:29:06.82ID:ZtuOhhd7
もし毎月30万不労所得としてだか、
家族経営の給料だかで振り込まれるなら仕事やめる?
それでも自己実現のために続ける?それともそれより給料多いから続ける?

私は年収それより多いけどやめちゃうかも。
仕事は好きな仕事だしやりがいもあるけどね。
突き詰めるとお金のために働いてるとは思うわ。

続きを読む


950: マジレスさん 2017/08/13(日) 16:11:31.14 ID:ecDPzKl7
夫婦関係について相談に乗っていただきたいのです。
長くなりますが、よろしくお願いします。
結婚3年目、私30歳会社員、嫁29歳子なし専業主婦の夫婦です。
私がお昼の時間を過ぎてもなかなか起きてこなかったことに
嫁が烈火のごとく怒りました。
元々、溜めて溜めて大爆発タイプなのですが、
それに関連して色々な不満が出てきています。

事の発端は、休みの日に
13時過ぎごろまで私が自室でゴロゴロしていたことです。
「起きてこないんだったら先食べるから。お昼は自分で作ってよ」
と怒ってました。

自分的には起きて動画などを見ていただけなので
「起きてたから声かけてくれたらよかったのに」と言ったら、

「いつも私が部屋まで行ってお昼どうする?何食べる?って聞いて、
出来たよって呼びに言ってそれでなかなか出てこないくて
っていうのをしてるけど、なんでそこまでしなきゃいけないの?」

「専業主婦だけど私も土日は休みたいって言ってるよね?
お昼は作るけど、それを当たり前のようにされたら腹がたつ」
と怒りました。

嫁は元々、平日主婦業をしてるんだから土日は休みたい、
土日までご飯の準備などしてたら休みがないという主張です。

私が主婦業といっても会社員の精神的体力的負担は違う、
土日のご飯のくらい作ってくれてもいいじゃないかと言うと、
「そんな大した事じゃないって言うんだったら、
土日のご飯作ってよ」と言いますが、
そういうことではない…という感じです。

それに関連して「そもそも私は専業主婦がしたいんじゃなかった」
という不満が爆発しました。
続きます

続きを読む


133: 本当にあった怖い名無し[sage] 2010/08/04(水) 10:24:28 ID:qhNIrQT9P

いい話なのかは判らないけど投下
長文スマソ
自分が成人式を終えた年。
高校を卒業してすぐに一人暮らしをして働いていた自分はふと実家が
恋しくなり、その週末は実家に帰ることにした。
週末はいつも昼過ぎまで寝ている姉が珍しく朝から起きていて、
久し振りに家族全員が揃ってお昼ご飯を食べた土曜日、リビングで昼寝を
していた父は心筋梗塞でそのまま目を覚ますことなくポックリ逝った。

突然のことに母は呆然としてしまい、葬儀屋とのやり取りや役所や
銀行などの届け出は姉と自分が走り回った。
自分自身、何かに没頭しないとへなへなになると内心思っていたからか、
お通夜から初七日までとにかく走り回って「悲しい」という感情が
無くなったように涙ひとつ流れなかった。
仏壇の父の遺影を見ても実感が湧かないし、姉と「もうちょっと
痩せていた頃の写真使った方が良かったかなw」と話していたくらい。

で、翌日に四十九日を控えた日の夜、夢に父が出てきた。
母と姉と自分はお昼ご飯を食べ終えて、仏壇のある和室でゴロゴロ
していたら「ただいまー」と父が普通に帰ってきた。
夢の中の仏壇にも父の遺影は飾ってあるのになぁーと思いつつ、自分は
父が帰ってきたことがすごく嬉しくて喜んだ。
お腹が空いたと言うので自分の残した冷食のエビピラフがあるよと
言ったら嫌がられたw
自分たちは真夏の格好なのに、父は何故かセーターを着ていた。
母からプレゼントされたセーターだと、生前の父に聞いたことがある。

続きを読む


27: 本当にあった怖い名無し[] 2010/06/13(日) 14:47:37 ID:fhsOFxRx0

いい話かどうかはわかんないけど、ひとつ。

小学校低学年くらいの時、凄い霊感が強かったみたいで
道を歩くだけでも色んなものが見えてた。
でも小さかったから、それは自分以外の人にも当たり前に見えてるもの、
見えてるけど皆話さないんだなーって不思議に思ってたんだ。
で、家が割と田舎だから、すぐ近所に小川があったりとかして、
その頃の暮らしぶりって言ったら野生児そのもの。
毎日のように小川まで遊びに行ってある人と会ってた。
まあそれが幽霊だったんだけどwww

格好は武士?みたいな感じで、袴穿いてて。
最初は話しかけられたことに少なからず驚いてたけど、
二、三日経ってからはもう気にしてなかったらしい。
私が小学校の話して、相手は頷くだけ、みたいな。
絶対に言葉は発しなかった。

ある日親にその話をしたら凄い怖い顔で
もうその場所に行くのは止めろって言われた。
なんかおかしいな、って思って友達にも話してみたんだけど、
逆に私が気持ち悪がられる始末。
それでやっと「ああ、皆には見えてないんだ」って思うのと同時に
「じゃああの人誰?幽霊?」ってなって、今まで幽霊と話してたんだ、
っていう実感が急に湧いて来てさ。
その人に会うどころか、小川に行くこと自体が怖くなった。
で、そのままずっと会わないまま。
その人に一日あったことを報告するのが日課になってたから、
最初のうちは少し寂しかった。

続きを読む

このページのトップヘ