人気記事はこちら

613: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/07/10(水) 20:05:32.63
先週末の話だけど、イビリに暴力を多用する糞トメにレスリングタックルかましたったwww
DQN返しだけど、スッキリした~
夫の前だろうと平気で暴力ふるってくるし、夫やウトがそれを咎めてもどこ吹く風
日々いびられてもう我慢の限界ってことで夫と良ウトから許しが出たんで実行
週末に義実家に行って、庭で洗濯物を干していると、トメがやってきて、「家事が雑」「料理の味付けが濃い」「顔が生意気」と言われ叩かれた
仕返しに、学生時代やってたアマレスのタックルかました
しかも夫とウトが見ている前で
「ふひゅんっ!」とか変な声出してたけど押し倒し、夫とウトに向かって大股開きをさせながらホールド
アマレスだけど、夫が地面叩きながら、「ワン!ツー! ・・・スリー!カンカンカンカン!」とジャッジマン
トメを解放すると、夫が私の腕をとって挙げて勝利宣言
ウトは「お~」とか言いながらなぜか拍手
復活したトメにフジコられたけど、タックルの構えをすると、ビクッとなって逃げてった
家に戻って夫携帯にトメから猛抗議があったけど、自業自得だろで終了
変わってもらってまた行きますね!と言うと、ガチャ切りされた
ウト曰く、最近大人しいらしい
暴力に暴力で返したのがDQNでした

続きを読む

105: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/21(月) 02:50:06 ID:+sEK/W9q
墓場話。

高1の頃、学校からチャリで帰宅してるとき。
後ろから抜いてきたデリカが5mくらい前で急にのろのろ運転になった。
嫌だなぁと思って速度落として進んでたら、幅寄せされて転倒。
ゆっくり転んだから、擦り傷程度で済んだんだけど
チャリ起こしてたら車から四人くらい人がおりてきて
あっと言う間に抱えられて車内に連れ込まれ、レ○プされた。
途中から、怖い!痛い!って感覚はなくなって
ひたすら、憎い!殺してやる!ってずっと思ってた。
最後殺されるのかなあって思ってたんだけど
バラしたらわかってるだろうな?って、足の爪ペンチでひっこぬかれて
お腹何発かなぐられて、さんざん脅されて、生徒手帳とられて解放された。

その足で近くの交番行って全部話した。
デリカのナンバーや車体の特徴や積んである機材や工具のメーカー
男たちが着てた作業着の胸のとこに刺繍してあった会社の名前
一人一人の特徴、他、覚えてること全部を細かくした。
その日は母が迎えにきて帰ったんだけど
母を心配させたくないし悲しませたくないから気丈にふるまった気がする。

106: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/21(月) 02:53:12 ID:+sEK/W9q
男たちはすぐに捕まって裁判して、他にも窃盗や暴行の余罪があったりして
結果、刑期はバラバラだけど全員が塀の中に入った。

残念なことに、私は妊娠していた。周りから猛反対され
私自身これっぽっちも産みたいと思えなかったので、中絶した。
処女をレ○プで喪失しておまけに孕むとかエ○ゲかよwと今は思う。

そんなんなのに、たいしてメンヘルにもならず
リスカ?あほかwwwと鼻で笑いながら
すくすく育ち、引っ越しし、名前も変え、20歳で処女膜再生手術をうけて
去年、大学時代に知り合った人と結婚した。

事件のことは、旦那には話してないし話す気もない。
本当に、このまま墓場まで持っていく話。

続きを読む

357: 可愛い奥様 2014/01/05(日) 22:58:48.75 ID:z831HL710
うちの息子たちと幼稚園から中学校までずっと一緒だったお友達のT君のお母さん。 
うちの息子たちは双子ということもあって少し発達が遅くて、身体も小さくて勉強も遅れがち。 
T君は活発で頭も良くて、幼稚園からクラスの目立つ存在。T君のお母さんにとって自慢の息子さん。 
顔を合わせるたびに、T君の成績や活動がいかに素晴らしいか、うちの子たちはもっと頑張らせなきゃダメになる、 
と、ずっと言われ続けた。 
「小さい時からの差は大きいのよ。でも生まれ持ってのモノで責めてもねぇ…」 
「N君とS君(うちの子たち)だって生きて行ける道は見つかるわよ」 
って言われたときは、うちの子たちってそんなに不幸なのかと悩んだこともあった。 
でも私は、体は小さくても健康で、挨拶と気遣いが出来る子ならそれでいいと思ってた。 
そして今、うちの息子たちとT君は18歳になっている。 
うちの息子たちは県内の中堅私立高校に進んで、うんと勉強できるわけじゃないけれど 
日東駒専のうちの2つに推薦入学が決まった。 
米研ぎや買い物、風呂やトイレの掃除、ゴミ捨てなど家事全般の手伝いをしてくれている。 
大学に入ったらアルバイトしてお金を家に入れるんだと2人で張り切っている。 
T君は…中学2年ころから荒れはじめ、県内の夜間高校に進学するも2カ月で中退。 
その後、警察沙汰を起こして家出。今はどこにいるか分からない。 
T君のお母さんはT君が高校を辞めたころから心労から寝込んでしまった。 
子供って本当にどんな結果になるか分からないとつくづく思った。 
でも、T君の行く末とお母さんの状態が心配で「ざまあみろ」とは思えないんだよね…

続きを読む

221: 名無しの心子知らず 投稿日:2012/07/15(日) 20:53:48.87 ID:cbLZvoQp
安定期に入る前に「子供が出来た」といいふらし、
誰も聞いてないのに「ハネムーンベイビーだ」とか言ってた30代知人夫婦が、
「生まれた!男の子!」と写真と名前をtwitterで公開。
その数日後、実は障害があり女の子だったことが判明し、「女の子でした!」と訂正してた。。。

知能とかは問題なくて、半陰陽みたいなのらしいんだけど
黙っていれば分からなかったのに、WEBで全世界発信して、残っちゃった…
馬鹿な親のせいで、自分の大変デリケートな問題が全世界に知れた状態で
人生をスタートする娘さんカワイソス

良心は、それでも懲りずに
父親は「妻に家庭の愚痴をネット上に書くなと言われた」とネット上に書き
母親は、見栄いっぱいの幸せブログを公開中。(もちろん子供のお顔は全公開。)
馬鹿にネットは与えてはいけないと心から思った。。。

続きを読む

814: 名無しの心子知らず 2013/12/11(水) 19:02:03.14 ID:VIAGoJMz
ちょっと愚痴。 

今日、幼稚園の時からのママ友と久しぶりにランチしたんだけど、 
娘さんが書いている小説(ファンタジー)を勝手に読んで、しかも 
「こんなもの書く暇があったら勉強しろ。成績も悪いくせに、小説なんか書いて。 
しかも、全く面白くもないし」 
って娘さんに言ったと言ってた。 

「それは酷いよ。娘ちゃんかわいそうだよ」 
って何度か言ったんだけど、ママ友は 
「そうなのよ、あの子はかわいそうな子なの。 
最近全然しゃべらないで自分の部屋にこもっちゃうし、宇宙人よ宇宙人」 
って言ってて、小さい時からその娘さんを知ってるから、切なくなっちゃった。

続きを読む

253: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/18(月) 20:26:32.81 ID:P6/4JsT/
3年位前の話。
夜、自室でくつろいでいたら飼い犬(当時4歳)が突然倒れ、身体をピーンと硬直させ痙攣を起こし始めた。
後日てんかんの1種だと知らされ、こういう時は周囲は慌てないで優しく抱いてあげなきゃいけないと説明されたんだけど
この時は初めてだったもんで「何なんだこれは?!死ぬのか!」と母と祖母で一緒に大慌て。
夜9時を過ぎていたけれど念の為かかりつけの動物病院に電話をしたらすぐに診察しますと言われた。
家族の中で唯一車の免許を持っている兄がその日に限って出張でいなかった為、タクシーを呼ぼうと電話番号を
調べていたら突然祖母が「待ってられない!」と立ち上がり、何故か家を出てそのまま走り出した。
「お母さん?お母さん!どこ行くの」と母が何度も呼びかけたが祖母は全く返事をせず2月の冬空の下どんどんと走っていく。
母は財布と祖母のコートを持ち、私は犬を毛布でくるんで抱きながら一緒に祖母を追いかけたが差は余り縮まらない。
一応自分はそれなりに身体を鍛えていたので走りには自信はあったのだが信じられない事に全く追いつかず、「ばあちゃん
止まって!」と呼びかけても祖母は聞えてないのか全く反応しない。
でも走っているのが動物病院へ向かう道だったので、途中で小走りにして病院へ入ると待合室の真ん中で祖母は
ゼーゼー言いながら汗まみれで立ち尽くしており、受付のお姉さんが「あの…お1人だったんでワンちゃんは?って聞いたんですが
首を傾げてまして…」と不思議そうに尋ねて来た。
「ばあちゃん一体どうしたの?」と聞いたが本人も「さあ何が何だか…何をしようとしたんだか」と不思議そうにしている。
ちなみに犬はすっかり元気になっていた。
祖母は当時70歳だったんだけど、人間っていざという時は年齢関係なく動けるものなんだなと衝撃だった。

続きを読む

910: 名無しの心子知らず 2013/12/17(火) 18:46:53.76 ID:sLv+I+s0
流れ読めなくてごめんなさい。 

今日、中1男子の二者面談に行ってきました。 
ある程度の進路を決めて挑んでくれとのコトで 
重い体を引きずって、先生に会ってきました。 

定期テストはそこそこだけど 
やはり普段の授業態度で成績が教科毎に雲泥の差orz 
このままじゃ、目指すとこ(高専)厳しいorz 

しかし先生から 
「2学期に転校してきたTくんと 
 仲良くしてもらってありがとうございました。 
 Tくん自体がおとなしいお子さんで 
 周りの子もどう接したら良いか考えていて 
 いつも一人で居たので心配していたら 
 いつの間にかとても仲良くしていただいて 
 休み時間はじゃれていて、いつも一緒w 
 同じ部活に入ろうかと、今Tくんが考えているそうです」 

やばい。我が子ながら、何て良い子なんだと泣いてしまいました。 
実は中3の兄同士が仲良しだったから、たまたまだったんだけどw 

もう、2学期の成績はチャラにするわ。

続きを読む

20: 名無しの心子知らず 2013/12/26(木) 17:35:57.46 ID:YvNPFc1r
弁当のシャケを半分以上食べ残し、それを躊躇なく捨てた中1娘 
いくら魚が嫌いだからってよくやれるわーと 
帰宅して三角コーナーを見つけて脱力中 

ご飯支度するの嫌だな… 

普段から色々話してるのが全くの無駄なんだなーと思わされて辛い

続きを読む

213: 名無しさん@HOME 投稿日:2015/09/05(土) 22:12:38.19
私と出会うまでかなりの偏食だった旦那が、今では絶対に食べられないというものもなくなり
わりと何でも機嫌よく食べられるようになった。

トメはそれがとにかく気に入らないらしくて、一緒に食事をすることがあるたびに
「嫁ちゃんが恐いからって無理して食べなくていいのよ」
「もう大人なんだからある程度の好き嫌いは許してあげて」
挙げ句の果てに、私が作った料理の一部をわざとこぼしたりして「あららっ、息子ちゃんのもらうから大丈夫よ」と旦那の分をとりあげようとしたりする。

あぁ、書いてる内に嫌になってきた。旦那はトメに対して苛つくと
ドッカーンガオーッと怒って雰囲気悪くなり「嫁ちゃんに気を使いすぎよ!ひどいっ」
となるだけなので極力なんでもにこにこ受け流すようにしてるのですが、
最近特にこんなことが重なり疲れてきました。

続きを読む

580: おさかなくわえた名無しさん 2007/12/13(木) 13:52:08 ID:+l0r5EQ/
大学の授業で一緒になった勘助氏。
外見はまあイケメンといってもよく
(今となっては『イケメン』だなんて書きたくもないほど不愉快ですが)
発表を聞く限り学問的な頭は良い方(特別ではないけど)でした。

少数のゼミ形式の授業だったので初期にコンパがありました。
その席で私が彼を含めた数人に話題
(趣味や住所など当たり障りのないもの)を振った時
「(バカにしたような口調で)別に」
「俺、そういうこと他人には教えないから」等
拒絶的な反応ばかり返ってきました。

当然、「この人は私を嫌ってる」としか感じられなかったし、
私としても不愉快だったので接触を避けました。
そのうち、ゼミとは無関係な所で私には彼氏ができ、
勘助氏のことは「たまにゼミで顔を合わせる感じの良くない人」程度の認識でいました。

581: おさかなくわえた名無しさん 2007/12/13(木) 13:53:31 ID:+l0r5EQ/
(続き)
ある日、彼氏と会っていて帰ってきてから
携帯電話をONにしてみると十数件の着信。
一応ゼミのメンバーとして最初に全員登録したので勘助氏だと分かった。
むろん、それまでこちらから掛けたことはないし相手から掛かってきたこともない。

ゼミ関係の緊急連絡かと思い、掛け直してみると
開口一番、「お前、好きでもない男と付き合うなよ。」
ハイ????

会話の詳細は割愛するが、勘助氏が
「私が勘助氏を好きだが思いがかなわないと思い込んでいるために
好きでもない男と付き合いだした」と勘違いした前提で話していることが判明した。

「私は今の彼が好きで、私の方から告白して付き合いだしたんです。
失礼ですけど、あなたにそれをどうこう言われる覚えは全くありません。
この際だから言いますけど、私はあなたに一度も好感を持ったことはないし
むしろゼミがなければ顔を合わせるのも嫌なくらいです。
私があなたを好きだなんて、バカにするのもいい加減にしてください。」
これだけ言えば十分だろうと思い、それで電話を切り、
彼の番号も着信拒否に設定しました。

582: おさかなくわえた名無しさん 2007/12/13(木) 13:54:51 ID:+l0r5EQ/
(続き)
その場では怒りに任せて手ひどく拒絶したものの
また勘助氏と顔を合わせるのかと思うと億劫になってしまい、
次のゼミは欠席しました。

すると、夜になって家電と思しき番号からの着信、
まさかと思いつつ取ってみると
勘助氏の声で「自分の気持ちに整理は付いたかい?」
また詳細は省略するが、
「私が勘助氏を好きなのに拒絶的な態度を取っている」と勘違いしていることが判明。

携帯番号を変え、とにかく現実的な接触を減らして振り切りましたが
「言葉は通じているはずなのに話が通じない」人が世の中には実在するという
恐怖を味わいました。

続きを読む

このページのトップヘ