人気記事はこちら

25: 1/3 2011/07/09(土) 19:51:56.07 ID:aUkamJt2
当事者じゃないですが、とれたてホヤホヤのやつ。長文です。 

近所のスーパーのセルフレジで、私は順番待ちの先頭、あるおばさんの会計が終わったときに事件は起きた。 
小学校低学年くらいの男の子がちょろちょろしていたのだが、おばさんの会計が終わり、つり銭が落ちてきた瞬間、 
その男の子がさっとつり銭受けに手を突っ込んで、おばさんがとっさに男の子の手をつかんだ。 
男の子の手は明らかにおばさんのつり銭を握りこんでいる様子。 
おばさんは男の子に、何やってんの、手を放しなさい等言ったけど、男の子は無言で摑まれた手を取り返そうとしていた。 

私は最初、おばさんの子なのかと思ったんだけど、おばさんが、「どこの子?お母さんは?」と聞いたので、他人とわかってびっくり。 
ここまででだいたい数十秒ってとこだが、このあたりで「どうかいたしましたか」と店員さんが出てきた。 
セルフレジには、たいてい店員さんが一人待機してるんだが、この時はちょっと席をはずしていた。 
男の子が大人二人に囲まれた状態になったところで、サッカー台のほうから、「すいませ~ん」と母親登場。 
飯島愛を劣化させてプリン頭にした感じの人だった。
続きを読む

793: 名無しさん@おーぷん 2016/02/02(火)03:28:37 ID:HOp
まあなんでもいいんだけど
たまたまこのスレが目に入ってしまったので書く
需要なんぞ知らん フェイクとかめんどい

いま無性にサッポロラーメン塩味にキャベツ入れただけのが食いたい
中学生の頃、お昼兼おやつに一人でそれを食べるのがとても楽しみだった
母親が事務やってた小さい事務所でひとりで。なにもわからん、中学生の女子が。
続きを読む

552: 名無しさん@おーぷん 2015/05/25(月)12:33:41 ID:41q
 
うちは両親離婚してるんだけど、
離婚の原因がお母さんの浮気で、浮気が見つかってから数年間は離婚してなかった
なぜかというと当時の私10歳が、離婚に大反対して大泣きしてそりゃもう大変なゴネっぷりを披露したから
お父さんは離婚したい派で、お兄ちゃん当時14歳も離婚賛成派だった


離婚してお父さんと暮らすと言ってたけど当時の私は全員一緒じゃないと絶対に嫌で
それがだめならタヒんでやる!!と騒いだりとにかく必タヒに離婚に反対した


お母さんも泣きながら謝って反省してたし、
当時の私は自分が友達と喧嘩してしばらく無視しあっても
そのうちすぐまた元の仲良しに戻るからってのと同じレベルに考えてて全く深刻さを理解してなかった
そんなわけで仕方なく話し合いの流れになり、じいちゃんばあちゃんも混ざって会議
とりあえず私がもう少し大人になるまでは待とうという結論になり一安心したのも束の間

なんとこの騒動のたった一年後にお母さんの浮気が発見された
しかも相手は前の奴と一緒で、内緒でずっと付き合い続けてた
さすがに私も目が覚めて、お父さんとお兄ちゃんに離婚していいよと言った


ここまでが前振りw

こっから本題、私の衝撃体験は離婚にゴーサイン出した途端
お父さんがガクッて感じで脱力して、お兄ちゃんが号泣しだしたこと
私の中でお父さんは強い人でお兄ちゃんもしっかり者だったから、
そんな二人がぐったりしたり泣いてるのが本当にびっくりした
あと、人間がガクッとなるのも初めて見たからびっくりした
意外と、へなへな…て感じじゃないんだね
あとで聞いたことによると、何かホッとしたのやら嬉しいのやらでそんなことになったそうだ
そこまで辛かったなら強引に離婚しててくれればよかったのに私のために我慢してたそうだ

お母さんも了解して、そっからあっさり離婚、私とお兄ちゃんはお父さんについていった
お母さんとは今でもたまに会うけど元気そうだし当時の浮気相手とは別れて今は違う人と付き合ってるそうだ
結婚はもうしないかもと言ってたから、まあそれはそれでお母さんの幸せなのかもしれない
お父さんとお兄ちゃんも今は普通に元気だ


この話をするとみんな最初は大変だったんだねとか苦労したんだねかわいそうみたいな反応だけど
少なくとも私としては当時はショックだったし傷付いたけど今となっては平気だし
むしろサークルの飲み会とかバイトの飲み会とかでネタになる鉄板エピソードと化しているw
あちこちで話してるから一応ぼかしてるとこあるけど知ってる人が見たらすぐ私とわかりそうwww

最後に、お父さんとお兄ちゃんには本当に感謝してます!
  続きを読む

970: 名無しさん@おーぷん 2016/05/25(水)04:54:05 ID:0D9

長い上読みにくかったらごめんなさい。


実兄に性虐待をされ続けたことを家族にカミングアウト、
話を聞いた親族ほとんどが兄の味方だったことが修羅場でした。

長男→12歳年上
次男→9歳年上
姉→4歳年上
私→修羅場当時高校生

母親は他界済み。
父親は、母親が亡くなってから私たちを家政婦だと思っているようで信用していませんでした。
また父親と母方の祖母の折り合いが悪く母親が亡くなってから別居済み。
父親、次男、私で同居。長男、兄嫁、母方の祖母で同居。

姉は新幹線で1時間ほどの所で1人暮らしでした。


ここまで前提です
  続きを読む

862: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)17:50:52 ID:VcX

やらない善よりやる偽善って言葉吐く奴大嫌いだ


私は困ってる他人がいても見てみぬふりしてた
小柄なうえ足の関節が悪いから、何かあった時に走って逃げたりできない
だから知らない人は困ってても話しかけたりしなかったしそれが親の教えでもあった
でも私自身がよく知らない人から助けを求められる
友達と一緒にいても声をかけられるのは私、それも男性が多い

私は外はもちろん、大学内でも何か助けを求められても
「知りません」「わかりません」「他をあたってください」とすぐにつっぱねてた

でも周りの子たちから冷たいとか酷いと言われた、すっごい言われた
「善意は誰かから強要されるものじゃなくて、やりたい人がするものだよ」と言ったら
「やらない善よりやる偽善」といつも反論された
友達が離れたりはしなかったけど、「一度の人助けで何かあったりしないよ」と言われ続けたし、
たまにボランティアに強制参加させられたりした


友達と大学からの帰り、最寄り駅に向かった時に大荷物を抱えて足を骨折した人が困ってた
そして案の定通りかかった私に声をかけた
私は即座に「電車の時間があるので」と断った
その時本当に電車の時間が差し迫っていたし、私は片道一時間半かかるから電車の乗り合わせが悪いと乗り換えで30分待つこともあった
でも友達はそんなことを知らないので「終電じゃあるまいし」と私の言葉を跳ね除けて「手伝います」と言った
ここで逃げたら見知らぬ人だけでなく友達も捨てたことになる・・・私は仕方なく手伝った

これが悪かった


大学生なんだからその駅を利用するのは相手にバレている
ストーカーが始まった
駅に向かうと必ずその男性がいて声をかけられた
一度助けてしまったから無下にもできずに会釈だけしたら「困ってるんだけどなぁー」と言われた
友達にも小突かれ仕方なくまた手伝った
その後も3回待ち伏せされて手伝わされた
友達に助けを求めたら「大下座だよ、やらない善よりやすい偽善、自分の行動に誇りを持ちなよ」と言われた


やがて男性の足は治った
声をかけられた時、私はこれで関わりが切れると思って男性を無視した
友達には冷たいとか怒られたけど、「怪我が治ったんだから行う偽善もないでしょ」と言ったら
「えーでもあの人イケメンなのに」唇をとがらせてた
友達は気づいてないようだったけど、その時うしろから男性がついてきてた
駅に用事があるだけかもしれないし、たまたまかもしれないと様子をみてた
駅では私と友達は路線が違うので別れた
友達の方についていったら電話で知らせるつもりだったけど、私のほうについてきた
あくまで男性に気づいていないふりをし、乗る予定だった急行をスルーし、次の普通電車もスルーした

普通ならそのどちらかに乗るはずなのに男性は乗らなかった
そして4つめにきた急行に乗るとやはり男性は乗り込んできた
ラッシュ時だったので人混みに紛れて逃げ出せるかと思ったけど、走れない私には撒くのは無理だった
3回の乗り換えもしっかりストーキングされた
これ、最寄り駅にいったらヤバいんじゃないかと思って途中で親の職場に行くための路線に乗り換えた
駅に着くなり女子トイレに行くふりをして親に電話、迎えに来てもらった
男性は改札を出ることなく迎えに来てくれた父親と私をじっと睨んでいたのが車の窓越しに見えた


ことの経緯を友達に話したけど、困惑しながら口にした言葉は
「イケメンだったし・・・あんたが何か勘違いさせる行動したんじゃ?」
友達とはそこで関係を切った
思い返すと関係切ったのが遅すぎたんだと思うけど、
男性の待ち伏せが怖くて一緒に帰る人が居なくなるのが嫌で切れなかった

父親が毎日タクシー代を持たせてくれて、大学の中から最寄り駅の一つ隣の駅まで行き帰り
タクシーを利用するようになってから男性とは会っていない
大学までくるような行動力がない人で良かったと思う
  続きを読む

507: 名無しの心子知らず 2013/10/31(木) 08:06:40.02 ID:0LhkjtFr
夫婦共に音楽好きで息子につけた名前が和音希 
本当に本当に気に入っていたのですが、
先日子供の名前かわいそうスレで晒されているのを
見つけて以来後悔の嵐です
続きを読む

このページのトップヘ