人気記事はこちら

542: 名無しさん@おーぷん 2015/10/08(木)20:26:56 ID:Ltf
やっぱ年下に拘る男性って、
どこか問題あるよなと感じで思い出した

昔私は親が決めた相手と
3年ほど結婚してました。
その時の生活が黒い過去。

相手は41、私は22、3。

お見合いも泣きながら嫌がって
(目の前に現れたのは
父よりジジ臭い男、
祖母ぐらいの母親だもの)
行われたがそれでも相手から
縁談話を進めてくれと言われ結局入籍。

今の時代でこの年齢なら
いくらでも逃げられたんだろうが、
携帯もない、学生時代アルバイトが
気軽に出来たような環境でも
時代でもなかったので蓄えはほぼなし

一部を除いて高卒で腰かけ数年やって
結婚がデフォな時代だというのを踏まえて読んでくれ。

相手側の親戚や仕事関係の人に
紹介されてもひたすらダンマリ。
恋愛もしないまま、
好きなる保証もない男の子を産むなんて
絶対に無理!と考えたら止まらなかった

凄い態度の悪い嫁
(実際数人に「若いと思ってつけあがるな!」
とお叱りの言葉()を頂いたw)
として生きることを心に誓った!

変な雰囲気になれば
大声の金切り声を上げ、
「実はこういうのは怖くて…」
と泣きながら話す。

男も男の母もドン引き、
それ以来私は男の母と寝る事になった。
すべて嘘、嘘泣きは昔から得意w

それでも男と1つ屋根の下に
住んでることには変わりはないので
熟睡出来なかったし、
男の母が突然留守にする夜が
数回あった時は1時間ぐらいしか寝れなかった。

(男の母が金管理で私はニート
(主婦って仕事してないから)
だったので自由になる金はない)
お陰でなにもしなくて済んだ。

3年目の正月に
慌ただしい家族の隙をついて
車の鍵を捨て、
やっと場所がわかった貴重品と
金庫のお金と家族の財布を拝借し
遺書らしいのと緑の紙記入ずみを置いて逃亡。

もちろん、実家には戻らず(当たり前)
2つ離れた県で有り金に頼らず
ひたむきに働いて生活していたら
今の旦那と知り合い結婚。
(調べたら離婚は成立してた)

何度か住民票を移したせいか
×がついてなかった。
不思議で調べたら意味がわかったけど。

両親に対しては
今まで育ててもらった恩を
多少ながら感じでいたが
あのような行動には
怒りを通り越してサツイを感じた。

両親としては自身も年の差で理解があって
裕福な家に嫁に行くのは幸せだ
と思っていたようだが
価値観を私に押し付けないで欲しい!

両親への復讐も考えたが
自宅が更地になってたので
もうどうでもよくなった。
続きを読む

972: 名無しの心子知らず 2007/08/02(木) 11:54:38 ID:Ea3qkwd8

いつも割り勘から逃げるAママ。本当常習でヒドイ。返してくれないし、返しても端数を負けさせる。 
FOCOするか迷ってた矢先、今日午前中プールして三人+子達でブランチして、さぁ割り勘ったら下の子追いかけるふりしていなくなった。 
清算すんで『**円だよ』と言ったらA『ごめ~ん、細かいのないから今度!』と案の定。 
そしたらBママ『大丈夫!私崩せるよ!』と千円札9枚100円9枚10円9枚5円1枚1円5枚… 
用意してきたぁ!!WWW 
…さぁどうするとワクワク 
Aママ『…だめ!これから一万円札使うの!!』 
え~!払う気がないんじゃーん!Wすごい気まずい空気で今帰ってきましたWWW
続きを読む

273: 名無しの心子知らず 2007/07/30(月) 21:25:25 ID:lf3PvPHd
ちょっと前だけど某子供番組コンサートでのこと。 
大人も子供も料金一緒で1才から席が要る決まりになっている。 
運よくチケットが3枚取れたのに生憎旦那が急な仕事で脱落したので実家母を呼んだ。 
4才娘と11ヶ月息子を連れて先に会場入りして娘・私・息子と荷物の順で席についたら隣の席の赤ちゃん抱いた母親が話しかけてきた。 
にこにこしながら「ボクはいくつですか?」と聞くので11ヶ月と言ったらいきなり 
「え~席要らない年なのに一席キープってズルイ」「かわりばんこにしましょうよ」と頭オカシイ発言。 

膝に抱いてる子は「1才越えてるから本当ならこの子の席だし」とまで言い出して、こっちは逆だろそれ?とポカーン 
「この席の人は後から来ます」といっても「またまたまた~狡いんだから」と信じない。 
「何が狡いんだかわからない、変ですよ」とまじめに返したら逆ギレして 
うちの子がキャラオモチャ満載してるので迷惑してるんだから席くらい協力しろとか更にオカシイ発言が加熱。
もうほっとこう、と無視してたら腕をつかんで「ねえねえねえってば!」と言いだしたとこに実母登場。 
うちの実母は野村サチヨと三輪明宏を足しっぱなしにしたような人で、実母だから諦めてるけどこれが姑だったらすごく嫌なキャラで 
事情を聞いた実母は、冷静に大罵倒して相手が涙目になったら係員を呼んで「お子さんが1才過ぎてるのに席がなくてお困りですって」と引き渡し。 
幸いどっか空席があったのか係員さんに連れられて席を移動して行ったのでその後は知らない~嫌な経験だった 
続きを読む

828: 1 投稿日:2013/09/07(土) 11:34:53.16
私は中高の同級生Aちゃんのお兄さんと結婚した。 
本当に偶然だったのでびっくりした。 

Aちゃんは絵に描いたような優等生で委員長気質。 
自分で正しい事を決めて計画立てて実行する。

学生時代も普通に仲が良くてよく一緒に遊んだけど、 
何かに失敗した人に上から目線で説教するので 
その点ではウザがられていた。
でも言ってる事は正しい。 

そのAちゃんは指定校推薦で名門大学に進み 
大学で知り合った彼と清らかなお付き合いをし、 
その段階で彼のご実家に挨拶をし教授にも報告

卒業後2年間公務員をした後に彼と結婚
結婚式から何から何まで完璧で、全てAちゃんの 
計画通りに進んだ。

子供も産んだ。
ウトメとの関係も完璧で、さすがの一言。 

しかし失敗した人に対する説教は相変わらず健在。 
皆30代になってくると、深刻な悩みを抱える人も多い。 

旦那の浮気、借金、リストラ、子供の病気、介護など。 
そういうのに対して 
「男を見る目が無い、私はしっかり吟味した」 
「子供の健康に関してはあらゆるパターンを考えるべきだった、 
これは親であるあなたの責任」 
「借金は気付く事が出来た筈。チェック体制が甘かった」 
系の事をズバズバ言う。 

言ってる事はごもっともだけど、なんというか…。 
「私は潔癖のままで結婚したかったし、相手にもそれを望む、 
相手には三種以外の国家公務員になって欲しい、 
なんでも話せて、でもあけすけではない、良い関係を望んだ、 
だから今がある」って意識高い発言はちょっと気持ち悪かった。
続きを読む

380: 名無しの心子知らず 投稿日:2011/07/30(土) 01:00:16.09 ID:SWnTGovj
たいした話じゃないけども。 
ちょっとフェイクありで矛盾してたらごめんなさい。 

親戚の兄ちゃん(警官)の嫁さんが、
糖質と手癖で返品な話。
確認したら返品されてなかった。 

直接会ったのは二、三回で、
ほんわかぽっちゃりで地味な見た目に似合わず、
ちょっと落ち着きないというか、せっかちな感じ。

なんだか目線がせわしなくキョロキョロしてた。 
親戚から親に相談がきた時は嫁姑問題かと思いきや、
サイマーで盗癖発覚。

おかしな言動で医者にかかったら糖質発覚での相談だった。 
嫁さん、深夜に姑宅に乗り込んでの罵声や、
深夜に高速ぶっ飛ばしてストレス発散してたりとかしてた。 

妊婦なんで止めたらさらに悪化、出産後しばらくして、
建てたばかりの家を売りに出し、官舎へ入ったらしい。 

何故家を売ったかはこのスレの住人なら分かるはず。 
ちなみに嫁さん実家は受け取り拒否で、
嫁に出して楽になれたのに、とのこと。 

盗癖あるやつを内緒で嫁に出すな。
事故物件だって告知義務あるんだぞ。

続きを読む

70: 1/6 2010/06/14(月) 15:32:53 ID:3E2v+Izd0
私子25歳、元男29歳、付き合って約3年半。 
プリ子確か23歳、プリ男不明
結婚2年目の夫婦、一男あり 

しばらくこれと言って大変な問題もなく、
ダラダラと付き合ってきた私子と元男。 
なんとなーく親にも挨拶してて、
なんとなーくこのまま結婚だなーって思ってた。 
ところが段々元男の様子がおかしくなり、「女か」と直感した。 

なかなか言いだせず、
毎日モヤモヤしたり泣いたりしてたんだけど、 
ある日、元男から別れ話が出た。 
やっぱり女だった。 

しかも驚いた事に相手は既婚者で、 
相手女に子供ができていた。 
相手女(プリ子)は夫と別れて元男と結婚する事、 
プリ子とプリ夫の間に出来た
2歳の男の子も引き取る事が決定済み。 

私子元男両親ともに色々ともめたが、 
私は姪っ子がおり、
それはそれはかわいがっていたので 

「一番に考えるべきは子供、子供には罪はない、 
大人の都合で子供を不幸にしたくない、 
生まれてくる子供だって私の姪の様な温かい家庭と、 
優しい両親と祖父母に愛されて育った方がいい」と 
それはそれはかっこいい事を主張し、
それぞれの両親をなだめて別れた。 

でも「子供には罪はない(キリッ」とか言っておきながら、 
子供が生まれたと思われるあたりでは 
「元男のそばに居て、
元男の子供を産んでたのは私だったのかもしれない」 
って思っちゃって一時期鬱状態になったが、
家族の支えもあって立ちなおる事が出来た。 

続きを読む

このページのトップヘ