人気記事はこちら

    mixiチェック

273: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/03(木) 18:26:50.25 ID:RlDhJVEM

子どものころ、当時の子供界隈で流行っていたテレビゲーム、
コミュニケーションツールになっていた携帯電話等を全く買い与えて貰えず
皆が当たり前のように持っているものを自分が持てない事の惨めさや
多くの子供との共通の話題が奪われた事による対人での委縮だとか
色んな悪影響を受けた。


そんな子供時代が辛かったもんだから、あるサイトでのあるトピックで 
父母たちが「子供に『学校のみんなが持ってるから、○○を買って』と言われても買い与えたりしない」みたいな意見があって、それに同調する父母が多かったのを見て、唖然とした。 

この父母たちは、子供時代の自分と同じ状況に置かれても、泰然としていられた人達なんだろうか?とても、皆が皆そうだったとは思えない。 

自分達が子供時代に同世代間での流行り物を買い与えて貰えたことによる恩恵を自覚できていない人が結構いそうだと思った。

続きを読む

    mixiチェック

347: 名無しの心子知らず 2016/03/12(土) 02:26:27.50 ID:4rCiTgRS

長文

旦那が生後1ヶ月半の子の夜泣きに対して
「甘やかすな」と言ってあやすのを止められて少し揉めた
後に子供が泣き止んでウトウトし始めた

どこかで、「寝付いた場所と目覚めたら場所が違うと赤ちゃんがなく原因になる」と読んだので、布団に置いて寝かしつけようとしたのだけど
それを旦那につたえたら「またネットの知識?」と言われた


その言葉にちょっとイラついてしまい
冷たく「そうだね」と返してから子を寝かしつけた 

その後旦那から「もう育児については何も口出ししないよ」と言って別室に布団を持って出ていってしまった 

私だってネットの情報を全部鵜呑みにしてるわけじゃなくて自分なりに取捨選択はしてるし、初めての育児だから我が子に当てはまりそうな事はまずは試そうとしてるだけなのに上手く言葉が出てこなかった 

こういう事が積み重なって離婚に繋がるのかと思うと辛くなってきた 
出産してから家事も出来てないし夜の方も適当にあしらってしまってる 
子供の話ばかりで旦那からしたらつまらないだろうしムダ毛も放置気味だよ 

こんなんじゃ旦那に嫌われても仕方ないと思ったら泣けてきた 
どうしたら旦那にももっと要領よく接っせられるんだろう


続きを読む

    mixiチェック

40: 可愛い奥様 2019/05/27(月) 00:47:55.24 ID:60jf/j/S0.net
嫌いだったトメに癌が発覚し、命に関わる程度では無いんだけどショック受けて凹んでたしそのせいでけっこうしおらしくなってたから暫く平穏だったんだけど、
手術は無事終わり、抗がん剤治療でストレス溜まってるのか忄生格の悪さがパワーアップしてきた
さすがに病人の悪口は人には言えずここで吐き出し
あーやっぱ嫌いだ!

続きを読む

    mixiチェック

673: 可愛い奥様 2019/07/06(土) 08:42:17.99 ID:pdXv9gmf0.net
昔からのひどいいびりで縁切ったのに「病院いくので車出してください」「風邪がひどいのでおかず持ってきてください」とメールが来る

続きを読む

    mixiチェック

312: 名無しの心子知らず 2012/02/21(火) 06:49:47.82 ID:rEi4rUif

夫の寝かしつけ協力や理解はありますか?
赤11ヶ月、共働きです。
母乳なので基本寝かしつけは私が全てしています。

赤は夜グズグズ泣くわけではないんですが、なかなか寝ず、電気を消してもハイテンションで奇声をあげて遊び回ります。
朝方まで続く事もあり、夫とは寝室を分けていますがあまりのはしゃいだ声で寝れないそうです。
寝れず、イライラするようで怒鳴る事もしばしば。
反省して謝ってきますが、赤の声が気に障り頭が痛くなって辛い、赤のペースに付き合えないと嘆きます。
寝かしつけしてるのはあたしなんですけどwと思いつつ…皆様の旦那様は協力、理解してくれますか??またどうしたら慣れてくれるようになるのでしょうか?

続きを読む

    mixiチェック

644: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/05(水) 19:51:30.27

聞きたくなかったのにさ……カラオケで歌ってる人がいて思い出しちゃった。 
角松敏生の「サンタが泣いた夜」って歌知ってる人いる? 

続きを読む

    mixiチェック

215: 恋人は名無しさん 2014/05/15(木) 15:29:33.41 ID:0b3OWuq30
お互いアラサー、社会人。
彼女が、一人っ子の長女。
俺は、一人っ子の長男。

実家は東京で会社を経営していて、ゆくゆくは継が予定。
親の面倒を見るっていうより、親の後を継ぐために、将来的には同居も視野に入れないといけない。
親からは誰と結婚しようが、家ぐらいは援助すると言われているが、
将来的には本家だし家に入ってくれと言われてる。
俺も継ぐだけではなく、継ぐ者の義務としても子供は俺1人しかいないので、面倒を見たいと思ってる。

将来の話を彼女と話したとき
「私だって長女で一人っ子。私の親も心配だし、私の親の面倒は誰が見たら良いの?」
って言う話を言われた。

彼女の言い分も分かるが、彼女の親は老後の面倒を見て欲しいのなら、
後をとってくれる人を作るべきだったろうし、その人に後をとらせるだけの見返りを用意するべきだった。
それを用意してない段階で「自分で自分の面倒を見る予定なのだろう」って話したら、彼女が怒り出した。

彼女は、中間の位置に家を建て、お互いの親の面倒を見れるようにしようと言う。
しかも、うちの親から援助して欲しいとの事。
うちの親は、会社やってるのでそんなに甘い親ではないので、協力しない人間に支援などするタイプではない、
もしそのこと(うちの親の面倒をみない)望むのなら、俺は継げないだろうし、
親族の誰かから跡取りを選ぶか、有力の社員の中から選ぶだろうから、
会社での俺の立場は非常に微妙にものになるので、親の会社には入らないだろうし、相続もゼロになる。
って話すとそれも嫌。
彼女の友達に彼女が話すと、「自分の親の事だけ考えて、俺は酷い人」って事になってるらしい。

まだ全然決着してないんですが、この話きいてどう思われますか?

続きを読む

    mixiチェック

694: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/04/04(土) 22:37:29.75 ID:XnMFSP3K0
女の人の多そうな場所では相談しても怒られそうなんでこちらで聞きますが、
実家があまり裕福ではない正社員の女忄生との結婚は
やめた方がいいでしょうか? 

付き合うには好きな彼女ですが
結婚や将来設計の話になると時々卑しさが見え隠れします 

着飾ることや美容などが好きな人なので
こちらが息苦しく感じることもあるし
将来子供ができたら主婦になりたいと言ってるけど
そういう自分にかけるお金と時間を削れるのかな?と思います 
自分の実家はテレビに出るような金持ちではない庶民ですが、
大手ハウスメーカーの注文住宅で庭付き戸建て、
2人とも奨学金無しで兄は私立理系と俺は
下宿で国公立6年制大学に行かせてもらいました

彼女の実家は団地で、
お父さんは彼女が子供の頃から病気で働けず彼女が大学生の頃に亡くなっていて、
Fラン私立文系で、奨学金の残りはあと少しですが返済をしていたので
あまり貯金がありません(奨学金返済だけでなく浪費もあったと思われる)
それに、家族がみんな高卒だからか、Fランなのに
「大卒でお姉ちゃんは賢くて凄い」
みたいに見られて得意になってるようで鼻につきます

続きを読む

    mixiチェック

673: 可愛い奥様 2012/09/26(水) 19:10:48.16 ID:1NeiVFO30
小学生と幼稚園児の姉妹持ち。次女が長女の真似をする。

人間は真似をして成長していく生き物だから、
私はそれでいいと思ってるけど。
長女はそれが気に食わないらしく、かなりキツい言い方で
「パクるな!」と言って次女を泣かせた。


RPGゲームで二人が同じ装備を買っただけなのに。
そもそも装備の選択肢が少ないから、パクるもなにもないんだよね。

コンコンと説教したけど、
長女は真似する方が悪いズルいの一点張り。
話してもダメだったので、きちんと説明してから
ゲームデータごと消した。
二人とも泣いてたけど、私も泣いた。

長女は前から謝れない子なんだよね。
自分で言い過ぎたとか悪かったと思っても謝らない。
話し合い1時間とかしてようやく認めるレベル。

非を認めても謝るのはまた別だったり。
あの子の忄生格なのかな、匙を投げるつもりはないけど疲れるわ。

続きを読む

    mixiチェック

471: 可愛い奥様 2012/10/16(火) 09:09:04.08 ID:hDzfgood0
義実家どうかと思うところ山ほどあるし
旦那意味わかんないところも山ほどある。
旦那も私に対してそう思ってるだろう。

だけどお互いの母親の「主婦レベル」が同じ位で本当によかった!
ここが違うと分かり合えない部分すごく増えると思う。


おかずは皿を家族でつっつく、ゆうこりんのように
最初から取り分けてから並べたりしない。
皿の下に布(名前すら出てこない)敷いたりもしないw

キッチンの布巾だろうが下着だろうが洗濯機で一緒に洗う。
旦那は綺麗好きだけど
上記は何の疑問も感じてないようなのでよかった。


続きを読む

このページのトップヘ