人気記事はこちら

314: 名無しさん@HOME 2011/02/16(水) 01:22:25 O
 
最大ではないけど、数年前に私の周りであった出来事です。 
ちょっと長文ですが… 


私の母には、高校時代からの親友が数人いて今でも仲が良い。
私も小さい頃から母に連れられて、母の友達とその子供達(みんな歳が近い)と遊んだりしてた。
中でも母が一番仲よくしてたのが友美で、

家が近いのもあって家族同士でよく会っていた。

私が中学生になる頃、友美は夫の実家で暮らすようになり、家が遠くなってしまったからか
友美家族とはあまり会わなくなった。 
そして私は進学し、短大を出てから地元の小さな会社に就職した。
母は父が亡くなったのを機会に営んでた居酒屋をたたみ、港町の旅館で仲居をしてた。


その頃、噂で友美が偽実家から出たと聞いた。
何でも東京にいるらしいと。
母が会いに行き、近況を聞くと、友美は娘と東京のアパートで暮らしてるらしい。
何で東京にいるのかには二つ理由があって、一つは娘の専門学校進学のため。
もう一つは、友美は不倫をしていて、その彼に会いやすいように東京にしたという。
聞けばその不倫相手は社長さんでお金持ちらしくて、社長さんは仙台に住んでいて
月に数回東京に来るので、友美おばちゃんはその時会って何日も一緒にいて、

それから社長は仙台に帰るという二重生活をしてた。
続きを読む

342: ◆agBSSBNy32 2013/03/07(木) 18:55:20.53 ID:vfi8XSJH0
 
ある日の朝、彼女と海水浴に行く約束をしていた俺は車を走らせて彼女の家へ。 
当時の俺の車はレジャー向きではない車だったので

彼女の車で出掛けることになっていた。 

俺も彼女もお互いサービス業勤務だったから平日休み。 
だからそんなに早起きして出掛けなくても渋滞や場所取り等の問題はないので 
約束の時間は早朝ではなかった。 
彼女が支度を終えて家から出てくる前に合鍵を使って俺の車から荷物を彼女の車に移す。 
夏場で早朝でもない時間に露天駐車の彼女の車の中は既に暑い。

解錠してドアを開けると熱気と共になんかのニオイが…。

まあそのときはあまり気にしなかった。

続きを読む

351: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/05(土) 11:58:58.79
 
諸兄方、背中を押してくれ。頼む。 
若かりし頃に、連れに騙されて背負わされた借金があった。 
付き合ってた女にも逃げられ、返済出来るほど給料なんて出ないし…とか。

自棄になってパチスロと酒ばっかりやってた。 

嫁と出会い、借金を承知で結婚してくれてもうすぐ4年目。3桁万円の借金がなくなった。 
感謝の気持ちはある。勿論大切だ。
同僚にデブだのブスだの言われようと、俺には過ぎた嫁だ。
でも今まで一度も、そんなこと口にしたことない。

言わなくてもわかると思ってたし、男はそんなもん口にしないもんだと思ってた。

頼む、力を貸してくれ。 
嫁に感謝と、愛してると伝えたい。
 

続きを読む

727: 名無しさん@HOME 2008/03/20(木) 21:03:16
 
元義実家にしたDQ返し。 

普段から「嫁の家とは格が違う!」と公言していたウトメ。
ウトメ・旦那は教員、コトメやコウトも四年大を出ているのが自慢。

片やうちは両親自営の印刷屋。それだけで義実家はいわゆる「町の工場」を連想していたらしい。 
「格下の家の娘をもらってや っ た」「本当なら駄目だったんだけど、今はこういう世の中だからね」 
旦那もかばうどころか一緒になって口をそろえる始末。
最終的には流産したときに「役立たずは出ーてーけ!出ーてーけ!」と
義実家で口を揃えて言われ、雀の涙の慰謝料で離婚した。
その後。
こつこつ書きためていた義実家での日記を、仕事の合間に書き起こし、自費出版しました。
といっても実家で作ったから、わずか30部程度。
装丁は見た目豪華に。タイトルは「○○家の真実」(義実家と漢字違い。読みは一緒)
登場人物もすべて漢字違いもしくは一字違いぐらいで。


添削をしていただいた恩師に(半分冗談で)推薦文をいただいたので、

恩師に差し上げたら
「昔の知り合いの息子さんが最近離婚したから、すすめとくよ(ニヤリ)」
そういや良く似た名前だと仰ってましたもんね。是非にと少し多めにさしあげた。


そういや元ウトメの尊敬する人物って、この恩師だった気がしたけど覚えてないや。

コトメの縁談相手もこの恩師絡みだった気がしたけど忘れた。
続きを読む

669: 名無しさん@HOME 2008/03/26(水) 10:45:35
 
世の中にはどれだけ祖父母にコロされかけた孫がいるんだー、と

祖母にコロされかけたことがある私は思った


続きを読む

867: 名無しの心子知らず 2011/02/25(金) 02:29:44.24 ID:3bPCs5fs
 
自己紹介なのか類友なのかよくわからないけど、自分の身の回りで起こった話をひとつ。

かつて私の住む地域には、伝説の泥ママAがいた。
詳細は割愛するけど、もうすごい悪い噂しか聞こえてこない人で、そのうち捕まるかも・・・ってよりも、
そのうち消されるかも・・・っていう予想のほうが圧倒的だったんだけど、

消されるより前に塀の向こうへ行ってしまわれた。

Aママがいなくなって、しばらくしてから近所にBさん一家が越してきた。
Bさんと私は子供同士が同じ幼稚園で、送り迎えのときに会ったらあいさつする程度。
特にこれと言った悪い噂も聞かず、すぐ周囲に溶け込んだし、私の印象では感じのいい人だった。
ところが、Bさん一家が越してきて一年ほど経つか経たないかのころ、
急にBママさんの悪い噂が流れ始めた。

その噂というのが、 
・Bママは浮気してる 
・愛人してた 
・堕胎歴が二桁の大台突破 
・B子ちゃんたち(一男二女)は全部父親の違う子で今の旦那騙して、ちゃっかり専業主婦におさまってる 
・中卒 
・万引き常習犯 などなど。
さすがににわかには信じられないような話だけど、信じてしまう人もいたらしく、
その頃はBさんに対する態度がそっけないというかどこかぎこちない人が多かった。
そのうち、Bさんに関する話を積極的に広めている人がCママと
そのママ友たちを中心とするグループということが判明。


Cママグループというのは、すごく派手で気の強いCママを中心としてて、
結構賑やかで勢いのあるグループなんだけど、何かとトラブルメーカーなところもあり、
深くお付き合いすることを控えているお母さん方も多かった。
それでそのCママたちの言動がエスカレートしてきて、ついにBさんご本人がいる前でも、
「やっぱり育ちが悪い人って・・・・・ねぇ?」と聞こえるように悪口を言ったり、
Cグループの子どもたちがB子ちゃんを孤立させようとするなど、

いじめの兆しが見え始めるようになってしまった。

続きを読む

このページのトップヘ